2017年7月 3日 (月)

上総自然学校 8月のイベントご案内

8月は『里山の昆虫観察』を開催します!

S_9 S_14 S_dsc07427

S_dsc09875 S_p1140523 S_p8032673
   
里山の昆虫といえば、カブトムシやクワガタ、トンボなどが代表的な昆虫です。
このイベントでは、夕方の里山に行ってあらかじめカブトムシトラップを何カ所かに仕掛けておきます。日が沈んだ後はお寺の境内で照明器具を使って光に集まる夜の昆虫観察をします。
翌日は早朝から、前日に仕掛けたトラップを巡りながら、カブトムシやトンボの羽化を見つけたりなど、里山に生息するいろんな昆虫をあれこれ探して観察します。
昆虫もそれぞれの都合があるでしょうから必ずしも発見できるとは約束はできませんが、過去のイベントではちゃんと発見されています!

見つけた昆虫は観察後必ずその場で放します。お持ち帰りはできません。 


◆イベント概要◆

○日程 : 8月2日(水)~8月3日(木) ※宿泊
○内容 : ●8月3日(水)
       ・カブトムシのトラップ仕掛け
       ・ライトトラップを使って夜の昆虫観察
      ●8月4日(木)
       ・早朝の昆虫観察(前日に仕掛けたカブトムシの罠やトンボの羽化など)
     
○〆切 : 7月27日(木) 
○詳細 : 集合:16:00 / 解散:10:00 頃  ※姉ヶ崎駅から無料送迎あります
○費用 : 大人4,000円 小学生2,000円 未就学児無料 (2食・保険代込)


◆イベント お申込方法◆
お申し込みは こちらのページ の参加受付フォームからお願いします。 
ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

皆様のご参加の申し込みお待ちしております♪


÷÷÷ ÷÷÷ ÷÷÷ ÷÷÷ ÷÷÷ ÷÷÷
上総自然学校事務局
〒299-201 千葉県袖ケ浦市川原井634 曹洞宗・真光寺内
■Tel : 0438-75-7414
■Fax : 0438-75-7630
■Mail : satoyama@shinko-ji.jp
■HP:http://www.shinko-ji.jp/satoyama/index.html
■FB:http://fb.com/255690727836764

2017年6月16日 (金)

銀木犀の種

自然学校のイベントにご参加いただいているかたからギンモクセイの種をいただきましたので早速植えてみました。

Img_9853

種をまく時期は4月から5月末位までだそうなので若干遅かったようですが、まあ大丈夫でしょう。
早く芽が出ないかなと毎日水やりをしております。

ギンモクセイはキンモクセイの仲間で、キンモクセイが黄色い花をつけるのに対して白い花をつけるからギンモクセイと呼ばれるらしいです。花の香りはキンモクセイほど強くはないらしいですが、控えめな芳香もお寺に合っているのではないかと思います。
芽が出たらまたご報告します!


2017年6月13日 (火)

田植えとゲンジボタル観賞

6月の3、4日に田植えとゲンジボタル観賞イベントが開催されました。
田んぼ作業のメインイベントの一つといえば田植。時期的には田植えが出来るギリギリの開催ということで、田植えをしていただくのはとても小さい田んぼになってしまうのですが、なんといっても田植えしてバーベキュウしてホタルも見れるなんてなんて素敵で欲張りなイベントなんだろうとしみじみ。普段泥と触れ合う機会がない子供達も田んぼの独特の感触に慣れ、楽しんでもらえたことと思います。翌日は水路の生き物観察会イベントが開催され、前日に宿泊した田植えイベントの参加者が全員なだれ込むことになりとても内容の濃い二日間になったことと思います。
初夏の里山満喫プログラムでした!

S_img_9555
恒例の苗投げの儀
もう少しちいさくちぎってぇ~

S_img_9557
小さな田んぼに所狭しと苗が投げ入れられました。
いつもの5割増しくらいでしょうか。

S_img_9569
最初はおっかなびっくりで田んぼの先に進めなかった子たちも
慣れてくると夢中で稲を植えていきます。

S_img_9582
田んぼデビュー。この子全然物おじしませんでした。

S_img_9613
この時期はまだそれほど暑くなく、
時折り涼しい風が谷を通り抜けるのでとても心地が良いです。
ハンモックで昼寝もいいかも。

S_img_9732
夕食の後はホタル観賞。
この時期見られるのはゲンジボタルです。
自然学校の田んぼは農薬を使用しないため水が綺麗です。
綺麗な水のある所を好んで生息するゲンジボタルには里山はうってつけなのでしょう。
光が強く、一度の発光時間が長いので見ごたえがあります。


2017年6月 8日 (木)

里山の生物調査

 上総自然学校の里山には多種多様な生物が暮らしています。
耕作放棄されてから姿を消していた生き物たちも、開墾を続け、米づくりを再開してから続々と戻ってきているようです。
その経過を毎月調査していただいております。
調査はもう6年ほどしていただいておりますが同行させていただいたことはありませんでした。
最近ふと、先生はどうやって小さな生き物から大きな生き物まで数多くの生き物を見つけているのだろう?ととても興味が沸き、今回はその調査に同行させていただきました。
生き物たちはもちろんそこらじゅうにいるわけですが、人の気配を感じるとあっという間に逃げて森の中に隠れてしまいます。
調査をしていただいている先生に聞いたところ、生き物が多くいるのは「林縁」といって森と開けた場所の丁度ふちのあたりのようです。敵から身を隠すのにも、獲物を狙うにもちょうどよいそうです。
あと、生き物を探す時のポイントはとにかく目を凝らす!というところでしょうか。
私も先生の目線の先を追ってとにかく森の中、草の中、池の中を目を皿のようにして生き物を探してみました。


S_img_0740 S_img_0741 S_img_0766
水の上を移動する蜘蛛や木のうろに潜む巻貝の仲間、樹上でくつろぐカエルなど、目を凝らせばそこら中に生き物たちが!
むしろ観察されているのは人間のほうだったり。

S_img_0790 S_img_9476 S_img_9478
足跡によってその存在を確認できるを生き物もいます。中にはあまり里山にはいてほしくない生き物も。

S_img_9475 S_img_9487 S_img_9497
何年も調査活動をともにしてきた自然学校の上田さんと調査の先生。上田さんが草を刈り、出てきた生き物を先生がつぶさに観察するという田んぼ作業と調査活動が一石二鳥な方法を編み出してしまったようです!

2017年6月 1日 (木)

上総自然学校 7月のイベントご案内

珍しいイトトンボを見つけて観察しよう!
今の時期、田んぼにはキイトトンボ、オオアオイトトンボ、モートンイトトンボなど、普段はなかなか見ることのできない珍しいトンボたちが集まっています。朝の早い時間にはトンボが羽化する場面に遭遇することも。乾ききる前の羽はまだ白く柔らかで、時間とともに固く透き通っていく様子は感動的です。トンボと生息する環境を観察することで里山の自然環境に関心を持っていただくきっかけになればと思います。

S_1 S_2 S_4

・7月1日(土)[イトトンボの観察会 ]
◆内容 里山に生息するイトトンボを観察し、その生体を学びます。
◆〆切 6月24日(土)
◆詳細 集合:9:00 / 解散:11:30 頃  ※姉ヶ崎駅から無料送迎あります
◆費用 500円 未就学児無料 (保険代込)

☆フェイスブックでもイベントの情報や報告を更新しています。「いいね!」していただけると嬉しいです!^-^!

上総自然学校FaceBook

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


◆イベント お申込方法◆
お申し込みは こちらのページの参加受付フォームからお願いします。 
ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

参加申し込みお待ちしております♪

÷÷÷ ÷÷÷ ÷÷÷ ÷÷÷ ÷÷÷ ÷÷÷
上総自然学校事務局
〒299-201 千葉県袖ケ浦市川原井634 曹洞宗・真光寺内
■Tel : 0438-75-7414
■Fax : 0438-75-7630
■Mail : satoyama@shinko-ji.jp
■HP:http://www.shinko-ji.jp/satoyama/index.html
■FB:http://fb.com/255690727836764


«上総自然学校 6月のイベントご案内

無料ブログはココログ

お寺ヨガ

  • Img_3555_r
    月に一回開催のお寺ヨガ。 ヨガと写経、坐禅、精進料理、仏教講座、農作業、etc.... とヨガと様々な内容を組み合わせたプログラム。 各回ごとに写真をUpしていきます☆