トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月27日 (金)

工事日記2

20060125_p1250036 ここは、スキー場かー!?大雪の後の現場写真です。写真は、25日に山崎さんが撮影したものです。今日になってもまだ至る所に雪が残っていました。傾斜といい、広さといいスノーボードで滑走したくなりました。

(記入者:津村)

2006年1月20日 (金)

工事日記1

20060120_p1200022 今日は、植裁工事最終日です。約一週間の予定で行われました。

今回は、造園の職人さんが数人いらっしゃったので、随分と作業が進んだようです。椿やサザンカ、ヤマボウシなど様々な種類の樹木が植えられました。

たくさんの樹木を植えたのですが、その中でも一際目立つのが、とっても立派なマツ!伽藍が完成したら植え替えるそうですが、シンボルツリーとなること間違いないでしょう。

20060120_p1200027 一週間あったとはいえ、全てを植え終わることはもちろん出来ませんでした。ポット苗等が残っていましたが、明日の関東地方は大雪になるということだったので、ひとまず作業終了です。また4月に植裁工事の続きを行う予定です。

(記入者:津村)

2006年1月 2日 (月)

新伽藍整備計画

真光寺の本堂は、江戸時代の弘化年間(1844~1848年)に民家を移築したとも伝えられていますが、棟札が発行されていないため定かではありません。
もともとは茅葺の屋根でしたが、時代を経るにつれその葺き替え作業が困難になり、昭和45年(1970年)に茅葺屋根の上に桟瓦型の鉄板を被せる形態に改修されました。

私は平成六年(1994年)に入山し、真光寺境内の荒廃していた山林の手入れとともに、本堂や庫裏の修繕や増築を自ら行い、境内の環境改善を檀家の方の協力をいただきながら行ってきました。

入山以来約10年を経て、環境はだいぶ改善されましたが、本堂等の建築物の老朽化はいかんともしがたく、開山450年記念事業として新伽藍の建築を行うこととなりました。

Garan001

Butsuden01

Kyakuden02

2006年1月 1日 (日)

真光寺の歴史

真光寺は、室町時代の弘治年間(1555~1558年)に、現在の木更津市の真里谷(まりやつ)にある真如寺八世鷹山巌召大和尚により開山された曹洞宗の寺院です。
開山から約450年の歴史を有する曹洞宗の寺院であり、東京からほど近い千葉県袖ヶ浦市の川原井地区にあります。
050414_02

トップページ | 2006年2月 »

無料ブログはココログ

お米に関すること




お寺ヨガ

  • Img_3555_r
    月に一回開催のお寺ヨガ。 ヨガと写経、坐禅、精進料理、仏教講座、農作業、etc.... とヨガと様々な内容を組み合わせたプログラム。 各回ごとに写真をUpしていきます☆