« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

上総自然学校はどんなところ?~里山再生の遍歴②~

2009 

★耕作面積は昨年と変わらず8,000㎡。開墾は少しずつ進めている。今年から里山の自然観察会を始める。春・初夏・夏・秋の年4回。里山はいろんな生物の宝庫だ。普段特に目にとめず素通りしてしまう小さな草花などにもちゃんと名前があり、それぞれに役割がある。“自然の中に無駄なものなんて何もありません”と講師の方が良く口にするお言葉。まさしくその通りだなと実感。

★なんと谷津田に隣接する山に入れるようになった!昨年末からアクション・グリーン(以後AG)という林業を主に支援する団体がここ上総自然学校のフィールドで活動しはじめた。週末に現れては草刈り機でブンブン笹を刈っていく。さすがに機械は早い、ということでなんと500㎡ほど開け広場ができた! 広場では落ち葉を集めての堆肥づくりやシイタケの菌打ち、木の伐採(萌芽更新)や植樹などかつての里山の利用が体験できるようになった。これはなかなかすごい事なのである。

★収穫祭にて土を掘り起こし田んぼを作った!完全土木作業(笑)。でもこういうガテン系が結構人気だったりする。みんな掘り起こしたいのかなぁ。。(何を!?)こうして少しずつ田んぼが増えていくのである。

Dscn2368  昨年の収穫祭でまいたレンゲの種が花開いた!

Dscn2314 4月。稲の種モミを蒔いてマイ苗作り。 Dscn2831 5月。ちゃんと育った!

Dscn2980 田植えの時はキイチゴが食べられるよ。

Dscn2816 タツナミソウ

_mg_8088 トウキョウサンショウウオ(絶滅危惧種)

Img_4224_2  春・自然観察会。田んぼの水路は生き物の宝庫。

090725_0711  夏・自然観察会。山の昆虫探し。

Dscn5418 10月 収穫祭にて田んぼを作った!!

Dsc_0142 冬のイベントにて植樹 & Dscn6278  落ち葉堆肥づくり。堆肥はカブトムシの絶好の住処じゃ☆

 

2010 

★耕作面積はおよそ9,000㎡に。昨年収穫祭で作ったミニミニ田んぼに紫米の苗を植えた。ここも谷津田なので上総自然学校では計3本の谷でお米を作っていることになる。谷津田では畦の草刈りのみならず梁(山のふもと。高さ約5m)の草刈りもしなければならないので(山のふもとに草木がぼうぼうだと田んぼに光が入らない&風通し悪い)、管理面積は相当なもの。谷津田は平面の田んぼの様に整った四角形ではなくいびつな形だし、大型の機械も入らない上に梁刈りもしなければならないのでまっさきに耕作放棄されやすいところなのである。でも、山からの湧水と天水のみでお米が育つという恵まれている環境でもある。
★昔の手動の農機具を購入し、脱穀まで手作業で体験できるようになった。

100314_029  3月 トウキョウサンショウウオの卵のう & 100314_056  フキノトウ

Dscn7301_2 5月 手作りミニミニ田んぼの田植え。

Dscn8531 夏・自然観察会にてサワガニ & Dscn8583_2  タイコウチ & Dscn7700 ヤゴ & Dscn8584  more...

Dscn9566 10月 収穫祭にて脱穀 & Dscn9435 唐箕(とうみ)で籾殻と米粒の選別。

   

上総自然学校では稲の種蒔きから、田植え、草取り、稲刈り、脱穀まで体験できます!
「この様にして、アジアの人々は何千年もの間米を育て、文化を育んできたんだ~」
と、遠い古代に思いを馳せるのも素敵なことです。

               ご精読いただきありがとうございました。

上総自然学校はどんなところ?~里山再生の遍歴①~

 上総自然学校の活動地は標高100m程度の山の尾根筋と、その間に入り込んだ7つの谷を中心にした総面積約60haのエリアがフィールドです。この中に谷津田(谷に連なる段々田んぼ)、畑、山林が入り組んだ「里山」を形成しています。谷奥を水源とする大月川は、やがて小櫃川に合流し東京湾に注いでます。この地はゴルフ場の大規模開発から逃れた貴重な河川流域であり、人の手の入った谷、耕作放棄された谷、残土で埋められた谷、土取りで無くなろうとしている谷と、様々な状況が集約されている特異な環境でもあります。
 今でこそ、お米作りや自然観察会等のイベントを行い山へ入り、谷を渡ることができますが、7,8年前までは山はおろか谷にさえも背丈以上の草木に覆われていたため、立ち入ることはできない状態でした。まずは地元の方にご指導いただき、草刈機を手に開墾するところから始まりました。。。

 

2004
動植物の専門家より当該活動地の希少性を指摘され、「それなら開墾でもしてみようか?」、と武蔵工業大学吉崎研究室の人々とともに、荒れていた谷津田(山の谷間に連なる田んぼ)の開墾に着手し活動が始まる。

Dscf0087 開墾するとはいってもどうしたものか。。(写真①)   

Dscf0101  まずは草刈りから(地元の方にご指導いただく)   

Dscf0089   う~ん、木も抜かなきゃね。   

Dscf0178  土を動かして平らにしないと田んぼになりません。あぁ、いつになったら。。

2005 

何とか開墾が進み、なんと田んぼ4枚(約1.000㎡=約1反)に田植えをする。記念すべきお米作り第一歩である。いろいろな経験のなかで自然豊かな里山の再生と保全の大切さを実感。本格的に活動を始めるべく上総自然学校設立。主な活動目標は

“与えられる豊かさだけでなく、自ら関わり創出し利用していく豊かさの追求”

“里山の自然を循環利用し、放置され失われつつある里山の自然の多様性の保全”

“里山の暮らしで培われてきた技や知恵を次世代へ継承していく場の提供”

里山は何百年ものあいだ人と自然が作り上げてきた、人と自然が共存していく智恵の宝庫です。それは人が本当に豊に生きていくヒントがたくさんちりばめられています。そんな宝物を多くの人と共有していきたいと私達は願っています。

004  (写真①)とほぼ同じアングル。左側がブッシュで隠れていた谷津田。033  下から2枚ほどを田んぼに復活させて田植えをした。   

037  こちらはさらに上に登ったところ。3枚目より上は開墾途中。   H17_8_23_005 子供たちが里山観察にやってきた☆

2006 

開墾は更に進みなんと4.000㎡(約4反)に倍々増!耕耘機とトラクターを中古で購入。上総自然学校として本格的にイベントもスタート。3月・開墾から始め、4月・畦塗り、5月・田植え、6&7月・草取り、9月・稲刈り、10月・収穫祭とイベントを行う。

Img_0852_2jpg 梁(やな:田に隣接する山のふもと)の笹刈り。谷津田では梁刈りをしないと田んぼに光が入らないし、風通しも悪くなる。平地の田んぼでは無い作業。これが手間がかかるので放棄されやすい原因でもある。   

Img_0859 刈った笹を集めては燃す。   

Img_0568 (写真①)と同じ谷津田を正面から撮ったもの。なんと奥9段目まで開かれました。写真①では1段目すら見えなかったのに・・!    

Photo 4月畦塗り。田んぼの水が漏れないよう畦に田の泥をぬりつけ均します。    

Img_2037  5月田植え。参加者も増えて賑やか~~ ^-^   115 カカシ☆

2007 

★開墾した谷津田の隣の谷の谷津田を耕作していた地元の方が引退するということで、上総自然学校で耕作を引き継ぐ。耕作面積は更に倍増で7,500㎡(約7反5畝)に!

★2004年から開墾を続けていた谷津田の風景もどっしりと落ち着いてきて、まさかここがブッシュに覆われていたなんて想像もできないくらい!

★収穫祭では稲刈り後の田んぼにレンゲの種を蒔いてみた。(その昔まだ化学肥料が無かった頃、田んぼにレンゲの種を蒔き、翌年の春に花が咲いたら土に鋤き込み田んぼに肥料にしていた。レンゲが一面咲き乱れている春の田んぼは昔ながらの風景だった)来年春にはレンゲ田んぼが見られるかなぁ。。

Img_0102 冬のうちに田んぼの水たまりにアカガエルが産卵する。すごい数!!

Img_0581 6月草取り。田んぼでは無農薬なので草を抜かなければならない。。

Img_0533 (写真①)と同じ谷津田。2006年よりも若干開墾が進み、最奥がすっきりしている。

Img_0432 10月収穫祭 レンゲ種蒔き。

Img_0408 同じく収穫祭 山のアケビ

2008  

耕作面積はちょっと増え、8,000㎡に。この年から冬の森林整備イベントを始める。谷津田は山に隣接している田んぼだが、山は背丈以上の笹が繁茂していて、とてもじゃないけど入れない。まだ石油やガスがなかった頃、人々は薪を採りに山に入り、木を伐採しては育て、伐採しては育て・・と山の幸を上手に利用して暮らしていた。また、冬に落ち葉を集め堆肥を作り田や畑にまくなど、山と人々の暮らしは密着していて、山は裸足で走り回れる子供たちの遊び場でもあった。せめて山に入れるようになりたい、そして昔の人々が山を上手に利用していた智恵を伝えていける場所をつくりたいという思いから森林整備イベントが始まった。この年参加者が手に鎌を持ち笹刈りに励み、およそ100㎡ほど切り開かれる。

Img_1440 9月 稲刈り

Dscn0709 冬 森林整備イベント 山道づくり

Dscn0812 同じく冬のイベント 山の笹刈り。大変だけど景色が開かれていくのは気持ちいい。

Dscn0348 刈った笹でBIG焚き火☆ すごいんだ、これが。焚き火の前では誰もが無言で立ち尽くす。見入ってしまうのです。

Img_0714_2 上総自然学校のフィールドにはまだ耕作放棄された手つかずの谷が2本ある。1本は残土埋め立て地となり、荒廃感あふれる。

Img_0708 こちらは耕作放棄されたままで野生に戻ろうとしているところ。

Img_0723 こちらは土取りにあい、谷が消えようとしている。。。  

                      ~②に続く↓~

http://sinkoji.cocolog-nifty.com/news/2010/12/post-c2e1.html 

   

   

 

2010年12月29日 (水)

今年はここまで!

最近、あちこち笹刈ったり、竹切ったり、チェーンソーで木を切ったりしてますが、半日ずつ2日、気合い入れたところです。

Dsc09778_y ここまで、やって、さらに、Dsc09784_y どん。笹を片づければ、きれいな簗と山桜3本が現れます。

馬瀬戸谷の最後の田んぼ。3月にイベントで木を引っこ抜いた田んぼです。ここでは、スズメバチにも2回刺されました。

Dsc09777_y 反対側も簗になろうとしています。

Img_0786_y 問題としては、もういい加減、刈った笹を片付けないと、歩けません。

それは来年。いろいろ体痛くなってきたしー。

明日は、京都。京都。

31日は紅白歌合戦。これは、ガーナに居る時ビデオが届いて何度も何度も見た。 http://www.youtube.com/watch?v=y9cgrwtNvkg&feature=related31

   ではでは   うえだでした。

2010年12月28日 (火)

四谷、東長寺のお餅つき。

Img_0758_y ここ数日、左腕の筋肉がおかしいので、千年灸で治療してまして、少し良くなりました。

ということで、12月28日恒例の、四谷、東長寺のお餅つき。

Dsc09730_y お寺のお餅つきっぽくなくなくない?

Dsc09731_y 子供も突いたりなんかして。

Dsc09734_y 八部衆(阿修羅の仲間)が練ります。(もち米を潰す。)

Dsc09736_y さぼってる人も居るけど、

Dsc09738_y 気合いの八部衆。Dsc09741_y マラウイ君とぺったん。

Dsc09746_y おなかが、  黒いお坊さん。

Dsc09749_y みんな疲れてきたので、通りがかりのイタリア人観光客のアレックスも突きます。ローマから来ました。

Dsc09761_y マイペースの藤田さん。来年は実家に帰らせていただきます。

Dsc09753_y_2 リーサルウェポン、T.J WAKO。だ。YO!

Dsc09762_y もち米蒸かすー。の図。

Dsc09765_y 練ってー、Dsc09770_y 練ってー、Dsc09772_y 練ってー、Dsc09773_y 後片付け。Dsc09774_y もち米、180キロ突いて、壊れたーの図。

すんげぇー疲れたけど、いろいろ面白かったじぇい。

明後日、30日は京都磔磔の麗蘭のライブです。チケット手に入りました。へへ。

来年、1月3日は、”コラーゲンはいごうまん”来山。

明日は、チェーンソーだー! ではでは  うえだでした。

2010年12月26日 (日)

参道の掃除と、お守り作り。そして、門松トシキとオメガトライブ。

Img_0777_y Dsc09697_y TJ WAKO の参道掃除。だ。YO!

Img_0774_y こっちは新人君。あだ名は決まってるんだけど、道義的にそれを使っていいかは、明日、病院で検査結果次第です。

Img_0763_y リチャードのお守り作り。地味。

次。門松トシキとオメガトライブ。

Img_0766_y 途中。Dsc09684_y できた。Img_0773_y主任チェック。Dsc09693_y カオナシみたい。だって。

http://www.youtube.com/watch?v=ar6fz4H8Whw&feature=related寒い時は坂本冬実だね。 ではでは  うえだでした。

2010年12月24日 (金)

祥雲寺で門松作り。

Img_0753_y 約1年ぶりの門松作り。上達するより忘れるのは速いです。

Img_0756_y 今回もアバンギャルドな出来。そして、ちょっと小さめ。

Img_0755_y 祥雲寺の門松なので、小さめにしました。真光寺のは大きく、コケティッシュな感じにする予定。

なんで、祥雲寺の門松を作ってるか、とかは、宗務所というのがあってね、とかいう説明が面倒なんで、ヒント。”DJ WAKO”は”TJ WAKO”を襲名しました。

千葉の曹洞宗のお坊さんなら、解るというか、知ってる。

お知らせー。28日四谷の東長寺の山門前で餅つきやってまーす。10時から3時前くらい。ぺったん。ぺったん。もち米300キロ。手伝いに来てねー。外苑西通りと靖国通りがぶっつかった辺り。

祥雲寺みたいなお家に住みたいな。  ではでは   うえだでした。

2010年12月23日 (木)

魅惑の第3区画。リベンジ編

樹木葬墓地の奥の右側が第3区画です。

Img_0737_y これは、立川の住宅展示場でもらってきたサツキが笹だらけになってるのを、Img_0741_y 笹を刈りこみ鋏で刈って、見つけました。Img_0736_y スズメバチの巣。11月に刺されたリベンジ!リベーンジ!リベーンジ!

もう誰も中に居ないのに、リベンジか?

この第3区画はとても楽しい。Img_0739_y 今日溝掃除した落ち葉で堆肥作り。Img_0740_y これはアケビか?Img_0743_y  プチトマトの残骸。Img_0742_y 知らぬ間に巨大化、月桂樹。Img_0744_y 3,4年前に積んだ刈り草堆肥を放置してる化。Img_0745_y ご存知、野生化カブダイコン。Img_0746_y ドングリから作ったコナラを仮植して巨大化。Img_0749_y こっちもドングリからのクヌギ。3月のイベントで山に植えます。

Img_0748_y なんか住んでる。Dsc09703_y ホオジロ。

桜、ネクタリン、柿、梅、杏、梨、サクランボもあります。

見に来てねー。(木村カエラ風。)

関東タンポポの種も撒いてます。来年、大豆作るかも。作らないかも。

ではでは   うえだでした。

2010年12月20日 (月)

ちょっと、やりすぎちゃった系。

境内地の斜面の孟宗竹を切ってまして、昨日、日曜に切った竹を運びました。

Dsc09683_y 竹、多すぎ。ちょっと、やりすぎちゃった系。

Dsc09698_y 孟宗竹を切ったところは、こんな感じ。まだまだ切らなきゃ系。

今日は、境内地の草刈りと、Img_0721_y 駐車場前の切垣の刈りこみしました。正月バージョン。まっつぐ刈るのは、本当は嫌い。

Img_0720_y ブン太の宿敵、ノラの小鉄。名前を付けたら、かわいく思えてきた。うえだでした。   ではでは

2010年12月18日 (土)

お花見広場、完成間近。

1,2,3月のイベントの準備に兼ねて、山に入ってます。

Dsc09657_y 登り口。Img_0718_y 笹を燃やした灰は田んぼへ。

Dsc09659_y メガネ田んぼとユミちゃん田んぼを、見下ろします。

Dsc09661_y 杉を間伐して、間伐材を使って、

Dsc09662_y この椎茸の菌を打ったコナラを立てようと思ってます。

そんなことは、どうでも良くて、

Dsc09663_y 旧コセ広場。Dsc09664_y この前、アクション・グリーンに切っといて、と頼んだコナラを片付け中。今シーズンのホダ木は十分ゲット。

Img_0717_y 去年間伐したコナラ。株立ちを1本だけ切ると、ボウガするんです。

んなことより、Dsc09665_y 奥に見える大きな山桜。これは、お花見しなくては。

Dsc09668_y 桜から、見下ろすと、んな感じ。

Dsc09669_y これは、うえだが倒したコナラですが、このままベンチでいいじゃん。これに椎茸の菌打てば、寝かしたまんまでも、椎茸は出ますが、木がボロボロになっちゃうんだよなー。できれば、土から浮かしたいところだけど、それは無理だろなー。

火が落ち着くのを待ってたら、暗くなったけど、満月近くで普通に歩けます。月明かりの山の中はとてもきれいです。 Dsc09671_y_2 Dsc09673_y_3

Dsc09676_y 見上げてみました。

Dsc09677_y_2 田んぼを見下ろす。

Dsc09678_y カミのおじさんの田んぼ、かっこいい。

夜の田んぼ、すごく楽しい。来年はホタルを見下ろしてもいいかも。

夜の田んぼ、いつでも案内しますよ。

ではでは    うえだでした。

今年も白い季節。

Img_0704_y バケツの水が凍ってました。

Img_0705_y 白い。

Img_0706_y_2 白い。

Img_0709_y 白い。

Img_0712_y 白い。

梅の花、早く咲かないかなーと、思ってしまう、うえだでした。   ではでは

サザンカと冬桜。

Dsc09677_y Dsc09690_y Dsc09652_y 樹木葬墓地のサザンカが満開なのはいいのですが、

Dsc09651_y Dsc09679_y 冬桜、こんなに咲いて、春咲けるのかー?

Dsc09670_y 寝てるブン太君と、

Dsc09673_y クロガネモチ。

Dsc09694_y 腐ったみかんの使い道。

さて、これでおしまいなので、15日の夜のお話でーす。

東長寺の藤田さんと高塚さんが実家に帰らせていただきます。なので、送別会でした。

高塚さんが、総持寺での修行時代からの相棒と始めて東長寺に挨拶に来た時の話を二人で語ってました。

総持寺3年半で下山し、二人がお坊さんの格好で高塚さんのお父さんと待ち合わせしたのが、”新宿西口のアリタ”探したそうですが、そんなものは無く、”東口のアルタ”に行こうとしました。

が、西口から東口への行き方がわからず、JRの改札を特別に通してもらったそうです。この話を聞いた次の日、思ったのですが、駒沢大学だったんじゃねえ?

その他、お坊さんらしい、いい話をしてましたが、それは省きます。

ではでは  うえだでした。

2010年12月14日 (火)

冬に備えて、お部屋を移動。

Img_0702_y 嫌いな冬がやってきます。建具がそろってる隣の部屋に、パソコン、プリンターなど、移動しました。コードは繋ぎっぱで移動。

部屋の中を吹く風はこっちの方が少ないかな。

Img_0703_y 最近のお気に入り。

http://www.youtube.com/watch?v=Cc6oHBOL3jQ&feature=relatedこっちも最近というか、27年前からのお気に入り。マラウイ君生まれてなかったんだって。

午前中は井内さんちでダベってた、うえだでした。    ではでは

年末の麗蘭、磔磔のライブのチケットが手に入らない。ショック。

2010年12月13日 (月)

11日、12日、13日と、いろいろありまして、るるる。

Img_0659_y 11日、いろいろ段取りしてて、1月に落ち葉を集めて作った堆肥にカブトムシの幼虫が居ました。

方丈さん、張さん、マラウイ君がImg_0660_y あんこ。Img_0661_y もち米。Img_0662_y 蒸し器、臼、杵なんかを準備しました。

うえだはこの後、地元の新年会。南総ゴルフ場のコックさんが仕入れて来てくれたとっても高いお肉が、るるる。おいしいけど、体に合わない。るるる。水曜にも新野さんがお肉買ってくれて、中2日は、るるる、ちとつらい。

ノンアルコールで忘年会を終えまして、木更津金田BTにお迎えに。Img_0663_y 午前様の主任チェック。Img_0664_y 上に乗ります。主任アタック。そして、この時、主任は日本の平和の為に、るるる。

12日になりました。朝、段取りがわさわさ過ぎて、写真なんか無いのですが、今日は、市進学院さん、JTBさんの”キッズフィールド”です。やっと”キッズフィールド”というイベント名をおぼえたけど、今日が今年最後。Img_0669_y お餅つきです。まず、蒸したもち米を杵で押しつぶします。Img_0670_y とってもイベントって感じの写真。市進学院のキッズフィールド。おぼえたから、何回もかきますよー。市進学院のキッズフィールド。

Img_0671_y おーっと、謎の中国籍モンゴル人が臼を占拠。Img_0675_y つき始めました。Img_0676_y 疲れました。

Img_0679_y 臼は俺んだ。方丈さんが立ち向かいます。Img_0680_y 押されたー。Img_0681_y 押し返したー。Img_0686_y また、臼取られたー。この時です。未来の子供がImg_0688_y 母上様と臼を取り返したってーのに、Img_0673_y 川崎から、後ろのドアが開きづらい青いプジョーで来た旦那は浮気中。Img_0672_y 大根おろしてる関係ないお姉さん。

始めて作ったもち米がお餅になって、良かったです。

そして、そうです。市進学院のクッズフィールドです。Img_0689_y 井内さんに来てもらって、藁を使ってしめ飾りを作りました。自分がしめ飾りを作るのに必死でもう写真がない。

井内さんにお願いする前に高吉さんと高吉さんと高吉さん、忙しくて断られてしまったんです。るるるるる。

そんな頃、Gedc1205_y もうお家に帰りたい中国籍モンゴル人のオジサン達と、Gedc1187_y 関係無いお姉さんと関係無い、お兄さん。るるるる。

Img_0691_y_2 椎茸も取りました。市進学院のキッズフィールド。

Img_0692_y 夜はササミ鍋。あっさりあっさり。Dsc09643_y ラマ教の話で盛り上がってる時、Img_0693_y 主任が布団を取り返してました。こうして、日本の平和は守られました。

Img_0695_y 次の朝、暗いうちから出発して、Img_0696_y 成田空港です。

Img_0697_y お土産もらいました。赤い方です。ジャスミン茶。黄色のは、福井の海苔の福井さんから、高津さん経由でもらった、トアレグ族が飲んでるお茶。両方中国製。

戻ったら雨。しかも小雨。Img_0699_y 杉林に近い笹を燃やすには、今日しかない。ってんで、雨の中火燃ししたら、体が冷えすぎて動けなくなったとさ。るるるるる。一人で黙々と作業するのが本当は好き。芸術家だから。

Img_0694_y 何がどうなってのやら、良く解らない人は、緑化ネットワークのブログでも読めば、説明があると思うけど、あと、1週間くらいしないと、この記事にたどりつけないようです。予告としては、日立の見学は写真撮らせくくんなかったブーブーとか、富士フィルムは化学メーカーだ。とか、11日の朝ごはん、なんでジョナサンなんだよう。とか、成田空港に便所サンダルかい。ってとこかな。

あっ、アクション・グリーンも、朝来てたみたい。ガソリンはプレゼント。

ではでは   うえだでした。   市進学院キッズフィールド!

2010年12月 9日 (木)

黒米37キロでした。

Img_0636_y 黒米の籾摺りをしました。37キロでした。

お坊さんが田植えして、Img_9008_y お坊さんが稲刈りしてImg_0187_y 、お姉さんが脱穀したImg_0500_y 、黒米です。

少し、籾が残ってるので、Img_0638_y 振動デックもどきを作ってるところ。

振動デックは転がりやすい玄米と、転がりにくい籾を、傾斜した紙やすりを振動させて、転がる転がらないで選別する機械です。

原島電気さんが作ってるんですが、名盤張り替えて、2倍以上の値段でトヨタにプラスチックの選別機として売ったのは、もう時効っすよね。喜んで買っていった梶原さんは、トヨタの社長になるのでしょうか。・・・

さて、井内さんからの宿題で、縄を編む練習をしてました。そしたら、Img_0649_y 主任が、Img_0650_y 熱烈指導、Img_0653_y してくれました。ちょっと迷惑。

ではでは うえだでした。

2010年12月 8日 (水)

お坊さんの収穫祭。2010.

Img_0635_y みなさん。こんにちは。主任です。丸くても主任です。

ということで、Img_0627_y 今日は、お坊さんの収穫祭。ただ、ご飯を食べるだけの時もあったけど、今日は、来年の稲刈りの為に真竹を切ります。浅間山もきれいになるという素敵な企画ですが、朝、雨だったから、脱穀ができないのと、田んぼの水路掘りも大変そうなので、竹でも切ろうかってことです。

Img_0628_y おりゃー。Img_0631_y どりゃー。Img_0632_y トリャー。Img_0633_y エイドリアーン!

その後は、どうなったかな?Img_0620_y こんな感じの浅間山。みにきてねー。(木村カエラ風。)Img_0611_t Img_0601_t その上を飛ぶノスリちゃん。

さて、来年、お坊さんといっしょに田んぼ作業をしませんか?平日の活動になります。募集中!

おまけショットは、Img_0624_y おまんじゅう怖いリチャードとImg_0625_y 見習いブン太君とノラの小鉄のガチにらみ合い。小鉄強い。

ではでは  うえだでした。

2010年12月 5日 (日)

買ったんだから、使いましょう。

忘年会の次の朝、ボーっとアクション・グリーンがやって来て、とりあえず、笹刈りっすか?なぞと、気の抜けたことを言ってるので、言ってやりました。

今日は、「コナラの伐採。」チェーンソー、買ったんだから、使わなきゃ。

Img_0615_y あわてて、取扱い説明書を読み始める。20点。

Img_0618_y コナラにびびって、タブ切ってるし、10点。

Img_0617_y 買ったばかりのチェーンソーが、調子悪い。その運の無さが、15点。

この後、お寺の仕事やら、サヘルの打ち合わせで、町田に行ったので、伐採できたのか、どうやらは、知りませんが、後片付けはしとくよ。

コナラを伐採して、新たにクヌギを植えて、森を更新しようってことです。

さてさて、町田での打ち合わせで、来年のアフリカ行きも中止です。マリ国内の特に外人に対しての治安が、首都周辺以外ではかなり悪いもんで。アルカイダがらみの誘拐は頻発してるし。

ということで、1月は、両国国技館に大相撲を見に行きましょう。1月23日日曜日の千秋楽。席は2階椅子席。昼から、3段目あたりを、砂かぶりで見て、表彰式まで見たら、その後はちゃんこ料理というコテコテコースです。11日に前売り開始なので、10日までに連絡くださいな。

アングンhttp://www.youtube.com/watch?v=y7s-VD2CTygを知ってる人と、

KUSUKUSUhttp://www.youtube.com/watch?v=OCHJVPDu76k&feature=relatedを知ってる人が居て少しうれしい2日間。KUSUKUSUのボーカルとギターはバイト先が一緒で、よく朝起きられなくて無断欠勤してたけど、夜、曲作ったりしてると朝起きれないと、彼らが17歳の頃言っていた、無断欠勤してもいいじゃない。と、当時思ったものです。ライブ映像は、KUSUKUSUというより、”じゃがたら”だけどね。

さすがにグッタリ。うえだでした。   ではでは

2010年12月 3日 (金)

インペラ籾摺り機

籾摺りのお話は、後半出てきます。ちょっと待ってて。

Img_0556_y モミジの木の幹枯れしたところに、ヒラタケが生えてました。Img_9319_y ゴマ油で炒めて、岩塩をふりかけて食べました。美味。ヒラタケはあちこち生えてるので、うれしいです。春にエノキに菌を打ったのも食べてます。ナメコも。

昨日、Img_0588_y 蕎麦の収穫をしてた時、Img_0586_y 主任がお友達と遊んでました。Img_0579_t 仲良く、Img_0577_t 仲良く、Img_0569_t 遊んでました。

Img_0589_t 草刈りしてたら、こんなんありました。

さあ、ここから、インペラ籾摺り機のお話。

Img_0590_y インペラの意味がわかってないんですが、オオタケというメーカーがOEM生産して三菱が売ってる中古を。オークションで落としたものです。

Img_0591_y 籾摺りしたら、右の部屋に玄米が出てきます。

Img_0594_y やる気を出せば、精米もできます。

Img_0596_y もみ殻はこっちに出てきます。この逆円錐型のなんて言ったって・・・、ブロアで空送したのを落としてるんだけど。昔、プラント売ってたことがある気がする。

そんなんで、もち米は1俵弱、55キロくらいでした。餅つきするぞー。

Img_0597_y こっちは、今朝の大雨で落ち葉いっぱいを、ブロアで吹いてる所。

タイトル、ブロアの方が良かった?

さて、1月3日は、”コラーゲンはいごうまん”が真光寺で恒例の漫談をやってもらうんですが、”コラーゲンはいごうまん”、年末の松本人志のすべらない話の収録に呼ばれてるそうです。オンエアまでこぎつけるのかー?吉本クビになった話とかするのかー?

まあ、どうでもいいけど。

ではでは うえだでした。

シイタケデタヨ

上総自然学校冬のイベント「風景を開きませんか?」にて、昨年に打ったシイタケの菌が今秋にやっと実りましたぁ!!Dscn0043   昨年2月に参加された皆さま、覚えてますでしょうか・・・?

Dscn2012 このシイタケ菌を、 Dscn2014 打って、Dscn2032 運んで、Dscn2034 転がしておいたこのホダ木達にシイタケが育っています。

Dscn0046 まだ閉じていたり、Dscn0034 仲良く並んでいたり。。。^-^  収穫しては干しています。運が良ければ今冬のイベントで収穫できます。(ちょうど良いタイミングで収穫できるものがあれば!) Dscn0047 肉厚濃厚シイタケでございます。

&お知らせです☆ わたくしチョウのお友達の本が出版されました!2冊目です。パチパチ~~。20101115200539deb1   日々の暮らしを楽しく豊にすることは大切です、はい。すべてひとまかせにするのではなく、自分の手でこしらえてみたり。それは自分を大切にすることにも繋がると思います。 詳細はこちら http://mameoiseau.blog62.fc2.com/blog-entry-573.html 

ぜひ本屋さんで探してみてね☆             チョウでした

受賞しました!

先日、上総自然学校は平成22年度第1回景観まちづくり賞 保全部門 まもり賞(袖ヶ浦市主催) なるものを受賞いたしました。授賞式に出席し、市長さんから賞状を授かってまいりました。

Dsc_0029  「おめでとうございます」と、手渡しされる行為は、卒業式を思い出しました。他にも”里山を歩く会”  http://satoyamawk.exblog.jp/  など7団体が受賞です。御近所さんにこんな団体さんがあったとはつゆ知らず。。。

今回、こういった賞をいただいたことで、上総自然学校の活動が評価され、ありがたいなぁと感じました。四方を土取りやゴルフ場、はたまたサーキット場に囲まれた上総自然学校のフィールドがこのように評価していただけることも意味のあることだと思います。

参加者あっての上総自然学校でもありますので、ここで皆さまにご報告と御礼を申し上げます。これからもたくさん来てね。^-^v

                                 チョウでした

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

無料ブログはココログ

お米に関すること




お寺ヨガ

  • Img_3555_r
    月に一回開催のお寺ヨガ。 ヨガと写経、坐禅、精進料理、仏教講座、農作業、etc.... とヨガと様々な内容を組み合わせたプログラム。 各回ごとに写真をUpしていきます☆