« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

河津桜咲いてます。

まずは梅。Dsc01321_y Dsc01323_y Dsc01325_y Dsc01329_y Dsc01332_y_2

ここから河津桜。Dsc01330_y_2 Dsc01332_y_3 Dsc01335_y Dsc01338_y

キブシ。Dsc01341_y

田んぼではスミレ。Dsc01342_y

Dsc01343_y 助けた卵がオタマジャクシ。

Dsc01346_y ここはいつ咲くのでしょう。

勢翔太5勝10敗。来場所は十両。猫ひろしはオリンピック。

猫ひろし呼んで、来春、真光寺の急坂登る”真光寺福男”という構想だけあります。構想。

ではでは  うえだでした。

ではでは   うえだでした。

2012年3月24日 (土)

書展開催中!!

書家、土井伸氏の個展が始まりました。

Dsc_0161   Dsc_0172   Dsc_0190

壁掛けのものから、葉書サイズの卓上にちょっと飾れるものまで、いろいろあります。

言葉がひとつひとつ活きています。そしてその活きている言葉が書となり、さらに活き活きと立ち現われているというか、、、、うまく表現できませんが、ひとつひとつがとても楽しいです。

人に「素直になりなさい」と言われてもたぶん素直になれません(笑) 
でも、この土井さんの「素直」という書を眺めていると、「あぁ、素直になろう」という気持ちが湧いてきます。

Dsc_0168   私のお気に入りは右から二つ目の「無事帰る」。

普段、当たり前の様に毎日家に帰っていますが、そうなんです、何事もなく無事だったからこそ家に帰れているんです。

という、当たり前だけれども普段の生活の中でその大切さを忘れてしまっていること、意識から遠く離れていってしまっていることを、すっとさりげなく差し出される、そんな言葉、書が並んでいます。

ぜひぜひ、千葉にお花見にしがてら立ち寄っていただければ、と思います。

他にも坐禅や写経と書とのコラボレーションなどもございます。
詳細はこちら http://sinkoji.cocolog-nifty.com/news/2012/01/post-e7b8.html

皆様のお越しをお待ちしております。

Dsc_0204_2

                            チョウでした

2012年3月23日 (金)

畦の谷。田起こししました。

昨日の話ですが、朝から畦の谷の田起こしをしました。

Img_0812_y 田んぼひとつひとつが小さいのはいいとして、

Img_0817_y 田んぼに入る道が狭くて傾いてるですよ。

カミのおじさん曰く、「昔は軽トラも通れたけど高くなって狭くなっただよ。」

なんで?

傾きだけでも直します。

牛フン撒いて、もう一度耕してから、水入れますが、Img_0816_yここは桜が咲く前に水張りたい。

桜の大木3本と、田んぼに写った桜3本。

半日トラクター乗っただけで神経使って超疲れたけど、滅茶苦茶面白いぞこの谷。

これで5本目の谷。残る谷は、ネノカミ、ゴセ、ヤエド。

ネノカミは深くないけどアクセスが悪い。

ゴセはアクセスいいけど、深く、ビオトープになっちゃてるのをどうする?奥から水が出るそうな。

ヤエド。すんごいことになってる。普通に遭難する。

開墾したい方はどうぞ。秋か冬からだけどね。

そうそう。田んぼが40枚超えました。そしてこの谷、4枚くらい田んぼ増やせるんだけど、これもねー、黒赤紫餅以外に何があるのでしょ。緑米?

ビジョンがあっても体と機械が付いて来ない。

ということで日本のグチャグチャした話おしまい。

次。知ってる人も居ると思いますがマリ共和国でクーデターが起きてます。

やってきた情報をまとめると、マリ北部でリビアの傭兵帰りのトァレグ族がリビアの最新兵器を持ってきて大暴れ。それを迎え撃つ政府軍の下士官が”ふざけんな。怖いぜよ。”と大統領に攻め込んだ。そして政府機能がストップしたら、軍人が民間から略奪を始めて、クーデターどうなの?大統領は2か月後に大統領やめるのに。そんな感じみたいです。ざっくり。

その辺の問題を解決するのに、”タイガースイート作戦”というのを提案します。

マリ人にこれまで一番うけた日本のモノは”羊羹”。甘くておいいしいものでも食べれば、まあまあとなるわけです。タイガーはお分かりですね。羊羹と言えば虎屋。

トアレグ族のスーレーマンとバンバラ族のトラオレが仲良く虎屋の羊羹を岩塩を舐めながら食べてる写真がどっか行ってしまって、それがあれば国連PKO”タイガースイート作戦を提案できたのに。残念。

こういうこと書くと怒る人居るのかなー。  ではでは  うえだでした。

2012年3月20日 (火)

橋を掛けてます。畦の谷。ほだ木下ろしました。

旧本堂の梁やねたを使って橋を掛けてます。

Img_0772_y トラクターや

Img_0791_y 運搬車を使います。

Img_0787_y これ渡ってみたけど超怖ええ。も少し短く水平にします。Img_0789_y こちらは馬瀬戸方丈池に橋。ぜったい誰か落ちる。お約束。

Img_0797_y こちらは、周回道に橋を掛けました。

まだ、固定してないから、よい子は遊んじゃダメですよー。

悪い子だったらいいのか?

ではでは   うえだでした。

さて、新たに記事を書こうかと思ったら、イベントの告知が消えるので、3つ記事をまとめました。

畦の谷のお話

Img_0793_y 今年から新たに加わる谷。畦の谷。カミのおじさんがやってた谷です。

で、畔がボコボコなんで修復しました。Img_0795_y

Img_0794_y こんなにいっぱい畔がある。と気が遠くなって、魂が離脱しそうには、ならん。なるか!

まあ、Img_0796_y ちょっとずっこ補修したってわけです。

トラクターのローターも改造済み。(溶接なんかしてたから、サンダーでぶった切った。)

4本目の谷。”畔の谷”始めます。

畔塗りいっぱいあるから、来てねー。来ないと怒るぞー。ぷんぷんっと。

ではでは   うえだでした。

3つめ。ほだ木下ろしました。でーす。

Img_0802_y イキナリほだ木じゃない話なんだけど、2時間35分田んぼも田起こし終了。

ここからほだ木。Img_0803_y 12月に倒しておいたコナラを玉切りして運搬車で下します。

Img_0805_y 乗っちゃイケナイってところに乗ってバランス取ります。前が重すぎるんで。Img_0808_y もうすぐ左カーブ。Img_0809_y もうすぐ右カーブ。Img_0810_y 田んぼが見えてきました。

シイタケ付きも下ろしてるのは、餅米と赤米の種まきと、紫米の芽出しを頼む小沢さんにプレゼント。かなり喜ばれます。

黒米と赤米の余りももらってきます。

余り物。もらいもの。借り物。お古でお米作ってまーす。

ではでは  うえだでした。  

3つ合わせると長いだろ。新入幕勢翔太、4勝7敗。いろいろ瀬戸際。

コラアゲンを探せ。

Dsc01308_y コラアゲンはいごうまんを探しましょう。

Dsc01307_y わかりましたかー?

Dsc01315_y 居ました。オーラがありません。17日彼岸法要の余興で来てました。

Dsc01319_y こちらも彼岸法要。18日。マジックのキャラメルマシーン&方丈さん。この後、方丈さんが浮きました。(浮いたのはテーブル。)

Img_0801_y さて、その前の日、こんなのやってたんだって。三宅伸治オールナイトライブだって。MOJO CLUBだけ普通の時間にやって欲しいものです。

で、その日はスーパーMOJO CLUBで参加してた内田貫太郎と蘭丸というライブに行ってました。微妙に探り合い面白かったです。

蘭丸曰く、西の横綱”内田貫太郎”そして東の横綱はチャボ。個人的には南の横綱”鮎川誠”です。娘がモデルやってたんですね。シナロケのボーカルやってよ。的な。

今月見たなかでは、”ペテカン”のコントが1番面白かった。観客にワンピースのルフィーの声優さんが居たようなんだけど、気づかんかった。コラアゲンの方が地味。

ではでは  うえだでした。

2012年3月19日 (月)

お米の育つ環境 谷津田とは?

上総自然学校のフィールドは里山と、山の谷間に連なる段々田んぼ(谷津田といいます)が複雑に入り組んだ地形から成り立っています。
山からは一年中清水が田んぼに流れ込み、豊かな環境の中でお米が育っています。Img_5997

&水がきれいな事に加え、田んぼでは農薬を一切使用していませんので、たくさんの生物もお米と共に生活しています。Dsc05051
(他にもこんな生物が。 http://sinkoji.cocolog-nifty.com/photos/ins_zentai/index.html )

ですが、山に囲まれた田んぼにはデメリットもあります。
平地の田んぼと異なり、田んぼの形が真四角ではなく、台形だったり辺がカーブしていたり。。。 大きい機械が入りにくい、効率が悪い等があげられます。

そして、山に囲まれているので日の光や風通しが平地の田んぼよりも制限されます。
ですので、定期的に山のふもとの草を刈ってなるべく日の光や風が通るようにするという作業(梁刈り)も必須です。
Img_2365  山のふもとがつるっつるです。この斜面をここまで刈るのは至難の業です。

効率が悪い上に手入れが大変ということで、こういった山合いの谷津田は真っ先に耕作放棄されます。実際に千葉ではこういった耕作放棄され、人も入れなくなったような谷津田がたくさん存在してるのが現状です。そして、コンクリートに混ぜる用に山砂が売られ、このように山が削り取られているところもたくさんあります。Img_0724

ですが、生物事情として、トウキョウサンショウウオやヤマアカガエルなどの様に、水路などで産卵して幼生の間はそこで過ごし、成体になると山林に入って暮らすような生物にとっては、山と水域が隣接している環境だからこそ繁殖できるという事情もあります。
さまざまな条件の環境がモザイク状に入り混じる地形が動植物の多様性を育みます。

上総自然学校では、里山と谷津田をフィールドとしたイベントを年間を通しておよそ30ほど開催しています。(田植えや稲刈り、自然観察会等)
イベントを通して、里山や谷津田の持つ多様性、先代から受け継がれてきた里山文化の知恵を、懐の深い自然を体験してもらえればと思います。

そして体験によってそれぞれの人の人生の豊かさが少しでも増えてくれればいいなぁ、と願っております。

ぜひ、里山の谷津田に遊びに来て下さい。^-^

 

2012年3月17日 (土)

4月イベント情報・上総自然学校

 ◆◆◆ 4月のご案内  ◆◆◆

①4月14日(土)/ 15日(日) 【谷津田のお米作り】~畦塗り&My苗作り~ ※各日日帰り
②4月21日(土) 春香るヨモギ餅づくり
③4月28日(土) 里山・春の自然観察会

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ 

①【谷津田のお米作り】~畦塗り~  

お米作りでは、田植えをするまでに、"田起こし→畦塗り→代掻き”といった大切な準備があります。
・田起こし~稲刈りの終わった秋と翌年の春に、トラクターで堆肥などをすきこみながら田んぼの土を混ぜます。
      土に空気が入ることで微生物活性化し、有機物の分解が進み、稲が栄養を吸収しやすくなります。
      また、表土付近に発芽した草の種子を地中に埋めることで、雑草の発生を少なくします。
・畦塗り~田起こし後、田んぼに水が入ります。田んぼに入り、田を囲む畦の内側に泥をペタペタと塗りつけ、
      畦に開いた穴やひび割れを塞ぎ、水漏れを防ぎます。畦塗りをしないと田んぼに一定量の水がたまりません。
・代掻き~田んぼの土の表面を均して、でこぼこを無くします。こうすることによって苗が植えやすく、活着と発育が良くなります。

4月はその大切な準備のうちの畦塗りをイベントで体験したいただきます。
泥に身を浸す一日も良いかと思われます。(もちろん全身ではないですよ!)
& もうひとつの大切な準備、稲の苗作りもやります。お一人様ワンプレートで種モミをまき、名前を貼っておきます。
  田植えに来た時には苗が育っていますので、☆My苗で田植え☆が可能です。
 
  こちらは一昨年の様子 http://sinkoji.cocolog-nifty.com/photos/201104_aze/index.html

  滅多に体験できない畦塗り&My苗作りです。皆さまのお越しをお待ちしています!

◆日程 4月14日(土)/ 15日(日) ※各日日帰り
 
◆内容  am 苗作り/タケノコ掘り      pm 田んぼの畦塗り  ※タケノコはお持ち帰りいただけます
    
◆〆切 4月9日(月) 

◆詳細 集合:10:00(受付 9:45~) /  解散: 16:00 頃
       (集合は姉ヶ崎駅から送迎希望の方は、駅の改札に9:30集合です)
    昼食:持参
    費用:大人2,000円 / 小学生(親同伴必須) 1,000円 / 乳幼児 無料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②春香るヨモギ餅づくり  

里山周辺をのんびりお散歩しながらヨモギ摘み。摘んだヨモギでヨモギ餅を作ります。
ここ真光寺周辺ではもち米をついてつくります。
この土地に伝わる昔ながらのヨモギ餅です。


◆日程 4月21(土) 

◆内容 里山周辺を散歩しながらヨモギを摘んで、お寺に戻ってから調理にはいります
   
◆〆切 4月16日(月) 

◆詳細 集合:14:00(受付 13:45~) /  解散: 16:00 頃
       (集合は姉ヶ崎駅から送迎希望の方は、駅の改札に13:30集合です)
    
    費用:800円(保険代・材料費込 / 乳幼児 無料)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③里山・春の自然観察会

春の植物観察と巨木巡りトレッキング。
樹齢400年のイチョウの木、トトロの木、スダジイの巨木を巡りながら、道端に咲く春の草花もつぶさに観察。
里山の素朴な自然を満喫します。

◆日程 4月28日(土)
 
◆内容  巨木トレッキング タケノコ掘り
    
◆〆切 4月23日(月) 

◆詳細 集合:13:00(受付 12:45~) /  解散: 16:00 頃
       (集合は姉ヶ崎駅から送迎希望の方は、駅の改札に12:30集合です)
    昼食:持参
    費用:800円(保険代込) / 乳幼児 無料

タケノコやヨモギの放射能はどうなの?と気になられる方・・・こちらのデータの”野菜類”をご参考にしていただければと思います。(ヨモギの項目がありませんので、同じキク科のレタスやサラダ菜などが参考になるかと思います)
http://yasaikensa.cloudapp.net/BrowseByProduct.aspx


◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

◆申込
 過去に参加されている方、又は過去に上総自然学校HPの参加受付フォームからお申込みいただいている方は、このメールの最後にある記入欄に

  ・氏名  ・日程  ・送迎の有無  (その他住所等変更ある場合はご記入お願いします) をご記入の上、ご返信くださればお申込み頂けます。

 それ以外の方はお手数ですが 申し込みは こちらのページの参加受付フォームからお願いします。
 〈http://www.shinko-ji.jp/satoyama/schedule.html〉  
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
・ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
                                        

※複数でお申し込みの場合、参加者全員分の記載をお願いします。
*************2012年4月活動 参加申込み******************
■氏  名(ふりがな) ;
■性  別  ;
■住  所 ;〒
■生年月日  ;
■血液型    ;
■電話/FAX ;
■Mail ;
■緊急連絡先(家族や実家など);
■イベント日程; 
■姉ヶ崎駅までの送迎の希望;   する  しない



2012年3月15日 (木)

田起こしの為。その1。その2.

春です。

田起こしです。

Img_0756_y 長雨で田んぼがこんな。

田起こしの為。その1。

Img_0755_y 水路を掘って、水路の水が田んぼに入らないようにする。

Img_0765_y 田んぼの内側からも排水。

Img_0767_y こっちの水路も掘る。

Dsc01288_y 二日もすれば、水が引く。

田起こしの為。その2。

Img_0775_y 田んぼに残されたアカガエルの卵救出。Img_0783_y これも救う。

Img_0781_y 耕してても、見つけたら救う。

田起こしの為。その3。

Img_0785_y 穴をふさぐ。砂地だからすぐ穴が開くざんす。

Img_0782_y せっかくアカガエルの卵を救っても、親、カラスに食べられる。

そのうち、このカラスの巣をもらうじぇい。

うちのワイヤーハンガーはカラスの巣から採りました。

Img_0784_y こっちは、食べちゃダメ。

さてみなさん。大変。大変。新入幕の勢翔太5連敗。今日なんか”カワズガケ”で負けてました。器用なヤツ。

そして、トラクター乗ってて電話を取れなかったら、2回もコラアゲンから電話が来てました。間の悪いヤツ。

ではでは  うえだでした。

2012年3月14日 (水)

ともしび

真光寺の力仕事担当チームがひたすら竹を割っています。Dscn4111

と思ったら、どこからか人がやってきて割った竹にロウソクを並べはじめました。Dscn4118     また撮影? またお公家様が来る??(笑)

なぜか着物のお姉さまが。Dscn4129  絵になります。

この日は3月11日。そう震災から1年です。
真光寺でも震災で亡くなられた方々の供養を行おうということで、ロウソク約2,000個を灯し、法要を行いました。ロウソクをセットしたのは、3月末から真光寺で書展を開催する、書家の土井伸氏チームです。
冷たい風が吹く中、風でロウソクが次から次へと消えるなか、、、、ずっと火を付け続けていました。

Dsc_0082  Dsc_0036  Dsc_0043

とても綺麗でした。

ロウソクの灯をみていると、自然と祈るような気持ちになりました。

生きている私たちは、自分の灯を絶やすことなく、ちょっとの風が吹いても消えないような凛とした灯であるように生きる事が、亡くなられた方のご供養になるのではと灯を見ながら考えていました。

あぁ、行動に移さねば!!(汗)

土井伸氏書展のクロージングパーティーには、この灯の中三味線と舞踊のライブを予定しています。

皆様のお越しをお待ちしております。

土井伸個展 http://sinkoji.cocolog-nifty.com/news/2012/01/post-e7b8.html

                      チョウでした

  

2012年3月13日 (火)

鷹は飛んでるとピント合わないんですけど。

Dsc01497_y Dsc01498_y Dsc01499_y Dsc01501_y ノスリが毎日田んぼに居るんだけど、飛んでる時はじぇんじぇんピントが合いません。

そして、さっき”鷹村守”が世界Jミドル級のチャンピオンになりました。はじめの一歩ですよー。

鷹つながり。  ではでは  うえだでした。

2012年3月11日 (日)

やっと梅が咲きました。

Dsc01257_y Dsc01260_y 3日前の話なんですが、やっと梅が咲きました。

去年の3週間遅れ。

もう1年経ったというより、最近Gyaoで見てる”幕の内一歩”がもう日本チャンピオンになってびっくりです。2度も防衛しちゃったし。

1年分のアニメを2週間で見るからそうなっちゃう。

あいつ若いのにパンチもらい過ぎで体が心配だと山田の石屋さんが言ってましたが、アニメだから心配しなくていいですよー。

自分の心配をしよう。  ではでは   うえだでした。

2012年3月 7日 (水)

お米の残留農薬検査(2011年産)

上総自然学校で育てているお米は、種の段階で消毒はしていますが、田んぼでは農薬を一切使用していません。

が、念の為、残留農薬の検査をしてみました。
(田んぼにこれまで使用された農薬が残っていることもあるので)

検査は200種類の残留農薬を調べます。

結果です。

http://sinkoji.cocolog-nifty.com/20120307150833095.pdf

200種類、不検出でした。

良かった!!

                          チョウでした

2012年3月 5日 (月)

最近の真光寺

最近・・・・うちのお寺、ちょっと様子が・・・・・・

Dscn3990       Dsc_0048

                                 チョウでした~~~

2012年3月 4日 (日)

越冬バッタ

3日前です。

ハギを移植してたら、居ました。

Img_0746_y バッタ。

越冬しちゃったみたいです。

昨日も車の中にバッタ居ました。

おかしい。と思います。

では、最近おかしいなあ。と思った記事のお話。

たまたま、一昨日お笑いのライブに”猫ひろし”が出てて、すっかりアスリートの体になってたので、その件。

誰かが書いた記事で、猫ひろしがカンボジアで嫌われてて、外人ばっかの大相撲が人気が落ちたのといっしょ。という記事。

カンボジアに行って、たくさんのカンボジア人の本音を聞いたのだろうか。この人。

そして、大相撲の人気が下がったという話ですが、他の格闘技(プロレス、ボクシング、K1)に比べてこんなに観客が入ってる興業無いんですけど。

そして、両国国技館に訪れる外国人の数はどんどん増えてます。

目立った人の足を引っ張ることばっかり。

面白いことはどんどん地下に潜って行くので、探さないといけないだけど、昨日なんかずっと仕事してて誰にも会わなかった、 うえだでした。   ではでは

発酵食レシピ

最近、発酵食、なかでも塩麹が流行っているようです。
ちょっと前に私の周辺でも 塩麹という言葉がやたらと聞かれるようになり、さらに母親からメールで塩麹の作り方のレシピが送られてきた。。。

母親から情報がくるということは、メジャー級に流行っているということです(笑)

千葉にある hihumiカフェさん http://www.hifumifoods.com/ で塩麹スコーンなるものがあり、これが美味しく、私も塩麹を使い始めました。
塩麹、使えます。野菜を塩麹で漬けるだけでも充分美味しいです。

今、本屋に行くと発酵食のレシピ本がズラ~~リと並んでいます。
もともと、マクロビオティック派の人々の間では発酵食は普通に良いものとして、普通に取り入れられていました。
が、今、ここまでメジャー級に流行っている理由のひとつには放射能があげられると思います。味噌・醤油などの発酵食品は体内に取り入れてしまった放射性物質から体を守るのに有効である、という説が聞かれます。

放射性物質のダメージに効くかどうかは別としても、酵母の力でじっくり時間をかけて発酵した食品は日常的に進んでとるべき食品だと思います。
注意が必要なのは、いんちきして作った味噌や醤油です。いんちきとは本来であれば一年かけて発酵、熟成させるものを、様々な添加物を入れて三か月でで仕上げる、といった作り方をしていることです。そこには時間をかけて自然に発酵が進んでいくというプロセスが含まれていません。
もし、生まれた赤ちゃんに様々な添加物を食べさせ、半年で急に三歳まで成長したとしたらどうします? 三年をかけて身につけるプロセスが身についていない三歳児。。。
たとえが間違ってますか?(笑)

おっと、話がずれました。
本題はこれ。

2012021718140793f  今月のおすすめ! 自分で味噌や塩麹を作って、自分ち味噌や塩麹で料理をしよう! という本でございます。他にも市販の発酵食を使ったレシピものっています。 とても美味しそうな発酵レシピが並んでおります。

こちらが著者の塩山奈央さんのブログ http://mameoiseau.blog62.fc2.com/#

この方、私の旧友なのですが、日々の暮らしを豊かにというモットーのもとまめまめしく、そして楽しく暮らしているお方です。ほんとうに楽しく暮らしているんですよ、この人。。。

ぜひぜひ、書店で見かけましたら手にとってみてください。

私はこの本を母にプレゼントしようと思います。^-^ 塩麹返し(笑)

                           チョウでした

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

無料ブログはココログ

お米に関すること




お寺ヨガ

  • Img_3555_r
    月に一回開催のお寺ヨガ。 ヨガと写経、坐禅、精進料理、仏教講座、農作業、etc.... とヨガと様々な内容を組み合わせたプログラム。 各回ごとに写真をUpしていきます☆